こういうお稽古をしている女性の質は平均的に高いのも事実です。自分磨きとしても、茶道などのお稽古に挑戦されてはいかがでしょう。

日本古来のお稽古事に挑戦

女性はよくカルチャーセンターなどの教室に通っています。

特に若い独身女性で、家柄の良い素敵な女性に出会いたいならば、日本古来のお稽古に通うと出会うことが出来ます。

 

日本古来のお稽古ごとに挑戦してみる

茶道や華道は、どちらかというと女性のお稽古事で華やかな世界と思いがちですが、家元は男性、もともとは武士のたしなみであった日本古来の文化です。

 

最近は女性が多くこのようなお稽古に励んでいますが、中には男性もお稽古に来ています。

 

 

 

茶道は、日本の文化の総合芸術と言っても過言ではありません。

 

かつては、戦国武将も嗜んでいた文化です。

 

男性が茶道を始めるきっかけは、そのような歴史的なことやその奥の深さに打たれて始めたり、また外国人を相手にする仕事のため、日本文化を知らなければいけないなどでお稽古に通っている場合も多くみなさん真剣に取り組まれています。

 

女性目当てでこのようなお稽古に通い、ナンパばかりしているのは感心しませんし、師匠に怒られてしまい破門されてしまいますが、男性の数が少ないだけに注目される存在になることは請け合いです。

 

同じお稽古をしていると女性との話題にも困りませんし、先輩等は知識人が多く自分を磨くところとしてはうってつけです。

 

 

 

茶道は、計算された気配りの集大成のような立ち居振る舞いが多いため仕事にもプラスになることでしょう。

 

着物の女性の画像

また、お茶会や季節の行事も多く、お稽古以外の外出の機会も多くあります。日本人のたしなみとして茶道を少し習っていますと言えば、あなたの事を見直す人も多くいることでしょう。

 

茶道に限らず、華道も男性が家元ですので、男性がお稽古に通っても何の不思議もありませんし、展示会や季節の行事、勉強会なども良くあります。

 

その他にも長唄、三味線、日本舞踊など、女性が多く、しかもこのようなお稽古事をしている女性は平均的に良い人が多いのも事実です。

 

恋人募集中ですと、そのお稽古仲間の女性に言っておけば気にかけてくれることでしょう。

 

日本人としてのたしなみを身につけることは自分磨きになりますが、「基本的な身だしなみ」ができていなかったら女性もがっかりしてしますので、気をつけましょう!