今人気の爬虫類系男子の特徴とその魅力に迫ります!

「潜入探偵トカゲ」というドラマもありましたね。

 

松田龍平はまさに爬虫類系男子のトップバッターと言えるでしょう。

その他、綾野剛、松山ケンイチ、伊勢谷友介など、

爬虫類系顔の俳優は昔も今も人気があるようです。

 

女性に好きな男性の特徴を聞くと必ず出るのが「優しい人」。

しかし爬虫類系顔男子はどうみても真逆なイメージがありますよね。

 

爬虫類系男子の魅力は一体どこにあるのでしょうか。

 

ヘビ顔と爬虫類系顔の違い

よくヘビ顔男子と爬虫類系顔男子は同類にされがちですが、厳密にいうと違いがあるそうです。ヘビ顔男子の特徴は、色白で華奢な体型、顔が小さいのに鼻や口は大きめ、目は三白眼でやや小さめです。
なんだか怖いイメージがありますよね。

 

これに対して爬虫類系顔男子は、無表情で考えが読めない、一重で切れ長のまなざし、クールで知的、という、これならモテる、という誰もが分かりやすい特徴があります。
しかし、ヘビ顔男子にも「危険な色気」を感じる女性は多く、どちらもモテる要素は充分にあるといえます。

 

爬虫類系男子の性格

ぶっきらぼうで無口。
友達も少なく、目立つ存在ではないけどなぜか気になる。
爬虫類系男子がモテるのは「怖いものみたさ」に通じるかもしれません。
怒ると怖そう、実はハイスペックといった意外性もありそうです。
粘着質で狙われたらとことんつきまとわれそうな気味悪さもあります。逆に心を許すと自分だけに笑顔を見せてくれそうなギャップ萌えも、女性には堪らない魅力でしょう。

 

漫画やアニメの副主人公に多い

男性からは嫌われがちな爬虫類系男子ですが、実は漫画やアニメの副主人公は昔から爬虫類系男子が多いのです。目が大きくて優しい王子様のライバルは必ず爬虫類系男子です。
悪役が多いとはいえ、主人公の次にかっこいいポジションを獲得していますから、悪い男=強い男=爬虫類系男子という図式が女性の脳内には出来上がっているのかも知れません。
強い男に惹かれるのは女性の性ですから、爬虫類系男子がモテるのは当然かもしれません。